【脱炭素フィールドワーク】

島根県立大学地域政策学部の学生さん、
虎姫高校の新聞部と立命館守山高校の生徒さん、
立命館大学の学生さんなど、総勢20人ほどのみなさんが脱炭素のフィールドワーク
を受けに来社しました。

IMG_2522

まずは薪ストーブや薪ボイラなど、再エネをフル活用しながら暮らす家の紹介をしました。

再エネで快適に過ごすには、家の構造を省エネ仕様にするパッシブハウスという考え方が非常に重要です。

IMG_2527

薪ボイラやチップボイラなど、バイオマスボイラにはいくつか大きな種類があります。
次はチップボイラで使用する原料チップの紹介です。
実際にチッパーを稼働し、木材の端材からチップを作成するところを見てもらい、
薪とチップの違いなど紹介しました。

IMG_2529

最後に、地域主導の木質バイオマスエネルギーの取組ということで
バイオマスのエネルギー効率の良さや弊社の取り組み、
長浜での脱炭素の可能性なども紹介し
みなさんとディスカッションを行いました。

IMG_2547

高校生や大学生など、若者が地域内外から集まりとても有意義な時間でした。
ぜひ次世代を担う若者たちに、
もっとバイオマスや再生可能エネルギーを身近に感じてほしいです。