見学コースのご案内

バイオマスボイラによるエネルギーサービス見学のご案内

バイオマス熱利用の本格普及に向けて

バイオマスアグリゲーションでは国内での木質バイオマス熱利用の本格普及に結び付けていくために、チップボイラを用いたエネルギーサービスのプロトタイプづくりに取り組んでいます。

現在、建築・エネルギーの私塾「Allmendeキテハ」に木質バイオマスボイラを導入し、熱を販売するエネルギーサービスを行っています。自社の小型チッパーで加工した地域の木質資源由来のチップを燃料として、20kWのチップボイラで学校・生活スペース・レストランの暖房・給湯用の温水を供給するコンパクトな地産地消の取組です。

バイオマスボイラは特殊な機械、難しそう、といった印象があるかもしれませんが、きちんと学べば設備の設置から運用まで地域で自立的に行うことができます。

ここでは皆さんに見て、触れて、体験してバイオマスボイラを身近に感じていただくとともに、“エネルギーサービス”という設備費の負担や運用の手間がなくバイオマスエネルギーを利用できる新しい仕組みについて知っていただきたいと思います。

見学コース イメージ写真

コース内容(約1時間)

1.概要説明
まずは、本取り組みの概要をご説明いたします。

次の流れ

ボイラ設備
2.バイオマスボイラ設備の見学
地域の事業者を中心に設置したチップサイロや高性能なチップボイラをご案内いたします。ボイラのタッチパネルやスマホから、ボイラの燃焼状態やバッファタンクの温水温度を確認・調整することが出来ます。

次の流れ

キテハ
3.熱利用先(古民家を改修した私塾・レストラン)の見学
バイオマスボイラで作った熱が利用先で暖房・給湯用の熱としてどのように使われるか、仕組みをご覧いただきます。供給先の古民家はしっかりとした断熱改修がされており、バイオマスの熱を効果的に利用できる仕組みとなっています。

次の流れ

小型チッパー
4.チップ加工設備の見学
施設で利用するチップの加工設備にて、原木の調達・乾燥からチップの加工までの流れを紹介します。小型チッパーが熱利用に適した品質のチップを製造する様子をご覧いただきます。

次の流れ

5. 質疑応答
6.【オプション】 講義、意見交換会・相談会(約1時間)
講義では、皆さんの意向に沿いながら、本取り組みの背景にある考え方やバイオマスの熱利用業界の動向等をお伝えします。意見交換会・相談会では、各地域でバイオマス事業に取り組む際のアドバイスやご相談を承ります。

・基本的に現地集合・現地解散でお願いいたします。
・原則として視察の実施は平日(9:00~17:00)となります。
・内容の変更などはご相談に応じます。
・6のオプションは、弊社代表の久木が担当いたします。
・本ボイラ導入は、「平成30年度滋賀県エネルギー活用型地域活性化プロジェクト支援事業」に採択されており,滋賀県から支援をいただいております。

視察費用

学生・児童(保護者も含む)は無料

人数 基本料金
5名未満 10,000円(税込み)/グループ
5名以上 2,500円(税込み)/名
〇オプションを希望される方は、基本料金に加えて以下のオプション料金がかかります。
人数 オプション料金
5名未満 10,000円(税込み)/グループ
5名以上 2,500円(税込み)/名

・視察費用には視察代、資料代が含まれます。
・視察費用は現地到着後、現金でのお支払いとなります。
・視察当日2週間前からキャンセル料を請求させていただきます。

アクセス

〇 Allmende キテハ:滋賀県長浜市高畑町298番地


外観

〇 チップ加工設備(株式会社 バイオマスアグリゲーション):滋賀県長浜市木之本町小山465番地

バイオマスアグリゲーション

お申込み

お申込みはこちらから
(視察代表者の所属・氏名・連絡先、希望日時等をお伺いします)

参考リンク

講演資料:『Allmende キテハ小型チップボイラ導入による地域創造プロジェクト』
20190320滋賀県フォーラム